IT職のデメリットとフリーへの転向

IT職はスマートフォンの普及、タブレット端末やパソコンなどの多様化により、インターネットが身近になっている事から需要の高まっている職種の一つです。
新規参入企業もこれから増えていく可能性があり、豊富な求人の中からより良い職場を探せる立場になれるかもしれません。
しかし、メリットばかりではなくデメリットも存在しており理由は様々でしょうが、退職される方も少なからず存在します。

収入の割には労働時間が長かったり休日がなかったりする事も少なからずあり、いやになってしまう事もあるかもしれません。
また、ひたすらパソコンと向き合う職種のため、誰かとコミュニケーションを取りながら仕事がしたい方には向かない場合もあるでしょう。
様々な理由で退職していく方もいる業界ですが、需要のある職種のスキルを持って他の業界に転職するのはもったいないケースもあるかもしれません。
業界内での転職も候補に入れていると良いでしょう。

また、フリーランスとしての道を検討してみるのも良いです。
フリーランスとして独立すれば、頑張った分だけ収入を得る事ができ時間の使い方も自由になります。
成功すれば多くのお金を手にできる可能性もある働き方ですので、挑戦してみる価値があるでしょう。
初期投資が少なくて済む場合もあり、ハイリスクではない働き方のため検討してみると良いです。
クラウドソーシングを活用すれば家にいながらでも仕事が可能なため、安定的な仕事の確保もできるでしょう。