転職と体調不良が主な退職理由

IT職では離職率が高いと言われます。
IT職が退職する理由は何でしょうか。
個人的に考える主な理由は2つあります。
転職と体調不良です。

IT職はお客様先やシステムがあるところで働くことが多く、結果的に自分の会社の同僚より、同業他社の社員と働くことが多いです。
そのため、自分の会社への愛着が薄くなりやすく、転職先との出会いがたくさんある状態になります。
また、仕事はあるが人が足りないという場合も多いため、短期間で転職が成立することも珍しくありません。
他社とはいえ、一緒に働いていたのですから、スキルや人柄もよくわかっているので、失敗がすくないという採用側のメリットもあるでしょう。
転職した同僚と同じ現場になった、というのはよく聞く話です。
IT業界では転職はよくあることですので、他社に移った同僚も割と受け入れられるでしょう。

また、体調不良で体調する方もたくさんいます。
体調不良には精神的な不調も含みます。
IT職はシステムの使用開始日が決まっていたり、期限が延期できない場合が多くあります。
また、障害が起きた時は、社会インフラを支えているという自負もあるので、復旧に全力を尽くします。
期限が迫っている中での作業はストレスを感じやすく、日々の残業で体力的にも追い詰められます。
そこで自らSOSを発し、会社や上司が強制的にでも休ませることができれば良いのですが、真面目な人ほど限界まで頑張ってしまい、退職まで追い込まれるケースがあります。
周囲が小さな変化を見逃さず、体調不良による退職者は減らしたいものですね。